インターネット取引(オンライントレード)のメリット・デメリット

個人が株券の購入(取引)する為には、

基本的に、証券会社を通して、取引を行います。


インターネットを利用して、パソコンの画面上で
株券の売買取引を行う「オンライントレード」が
幅広く利用されております。

インターネットで取引(オンライントレード)のメリットとデメリットについて

 

オンライントレードのメリット

  1. 手数料が安い
    オンライントレードの最大のメリットとして、
    窓口や電話・FAXでの取引と比べると、手数料が安い事です。
  2. 24時間、取引が可能
    窓口や電話・FAXでの取引だと、証券会社の営業時間に
    縛られてしまいます。
    オンライントレードだと、いつでも自分のペースで取引が可能です。
  3. どこでも、取引が可能
    インターネットの環境さえあれば、
    いつでも、どこでも取引が可能です。
    最近だと、携帯電話やスマートフォンなども
    利用できる証券会社が増えてきているので、
    移動中や旅行先などでも、取引が可能です。
  4. リアルタイムに取引が可能
    株価は、リアルタイムに変化する物なので
    刻々変わる株価を見ながら、即座に取引ができます。

 

オンライントレードのデメリット

  1. 担当者のアドバイスが受けにくい!
    窓口や電話での取引だと、証券会社の担当者からの
    アドバイスをもらいやすいですが、
    オンライントレードだと、こちらから電話やメールで
    問い合わせをしない限り、アドバイスをもらうことはできません。
  2. 入力間違いや操作ミス
    誤って、1ケタ多い数字を入力してしまい、
    1000株取引するつもりが、10000株取引をしてしまいう
    操作ミスの可能性があります。
    自己責任と成ってしまうため、必ず確認が必要です。
  3. パソコンなどのトラブル
    パソコンが動かなくなる、インターネットの接続ができないなど
    トラブルで取引ができなくなる可能性があります。

株式市場で株券を売買取引する方法

個人が株券の購入(取引)する為には、

基本的に、証券会社を通して、取引を行います。

証券会社での取引は、
もともとは、店頭の窓口に直接行くか?
電話やFAXなどで、証券会社の担当者に発注を行っていました。

現在も、同様の取引は可能ですが、
基本的に、インターネットを利用して、パソコンの画面上で
株券の売買取引を行う「オンライントレード」が
幅広く利用されております。

インターネットで取引(オンライントレード)を行うには、
証券会社に自分専用の口座開設が必要です。