東証、大証、名証などの1部上場と2部上場の違いは?


株券の取引を行っている
日本の株式市場は、大きく分けると

【3大証券取引所】 (略して、3市場)

  • 東京証券取引所 (略して、東証
  • 大阪証券取引所 (略して、大証
  • 名古屋証券取引所 (略して、名証

があり、細かく分けると、3大証券取引所は、
1部2部に分かれています。

東証、大証、名証などの1部上場と2部上場の違いは?

株式市場に上場する為の条件が違います。

株式市場に上場する為には、
いくつかの、上場基準をクリアしなければ
会社は、株式市場に上場することができません。

その基準が、厳しい市場が1部となります。

上場する際の条件として、

  • 上場株式数
  • 株主数
  • 純資産額
  • 会社設立後の年数
  • 近年の利益額
  • 業績の推移
  • 財務体質
  • 会社経営の透明性
  • 会社経営の適法性
  • 事業の将来性

などがあります。


上場基準が厳しい1部の方が

より健全な会社といえます。

東証上場審査基準概要(一・二部)

大証上場審査基準概要(一・二部)

名証上場審査基準概要(一・二部)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す